リフォーム工事ってどんなの?

リフォーム工事ってどんなの?

リフォームと新築の違い

リフォーム工事が、新築工事と大きく違うのは、当たり前ですが、現在すでに形があるかないかです。

すでに形のあるものを新しくする工事のことをリフォームと言います。

新しくすると言っても、全てを壊してやりかえるということではなく、部分的に、特に仕上がり部分を変えることをリフォームと呼んでいます。

最近多いのは、中古の家を購入して、その家をリフォームするという方法です。

昔はスクラップアンドビルドという考え方が主流でしたが、最近は空き家の問題などもあり、リフォームが注目されています。

ものを大切にするという面から見てもとても良い傾向かと思いますし、古いものの価値が再び注目され、元々あった古いデザインのものなどを再利用するということもされています。

 

リフォームのコスト

新築に比べて予算を抑えることが可能になります。

当然のことながら、選ぶ仕様やリフォームの範囲にもよります。

例えば、建物の柱や梁だけを残して、ほとんど解体した場合には、新築と変わらないどころか、新築よりもコストがかかる場合があります。

解体部分が多い場合は、当然ですが、解体のコストも大きくなります。

解体のコストが大きくなるということは、解体後のリフォームのコストも大きくなるということになります。

ですから、特に大型リフォームの場合は、リフォーム範囲を予算と相談しながら決めてください。

 

リフォームの内容

リフォーム工事を大きく分けると、

外部のリフォームと内部のリフォームになります。

外部は、ほとんどが塗装です。

屋根の葺き替えも意味合いは、見た目というよりも、劣化に対するメンテナンスの意味が強い工事です。。

内部は設備関係のリフォームと仕上げのリフォームに分けられます。

間取りの変更という工事もありますが、間取りの変更は、リノベーションと呼ばれています。

内部の設備の工事も仕上げの工事も、それぞれが範囲や仕様に応じてコストが変わっていきます。

設備に関しては、その設備の仕様に応じてコストが変わってきますが、場所を移動した場合などは、水・お湯・排水の配管の移動距離に応じても起きく変わってきます。

設備の仕様に関しては、定価の高いものを選べば、高くなり、安いものを選べば安くなります。

仕様に関しては、仕上げ工事も設備工事も、どんな工事も定が高くなればなるほどコストは当然高くなってしまいます。

 

断熱リフォーム

最近ちょくちょく耳にします。

『断熱リフォーム』

実は、そんなに簡単なことでもありません。

ただ、ちゃんとした知識があれば問題ありませんが、知識がないのに、『断熱リフォーム』をうたっている場合もよくありますので、ご注意を!

 

断熱リフォームの方法については、断熱材を新規に入れ直す方法もありますが、もともとあった断熱材を活かす方法もあります。

断熱工事でとても大切なことは、壁の中の空気の動きを止めてあげることです。

いくら断熱材を入れても、空気の流れを止めなければ、断熱性能はよくなりません。

まだまだ、断熱工事について知識の少ない工務店さんは多いので、工務店さんを選ぶ際には、良い工務店さんを選びましょう。

最低限、『なぜその断熱材を使うのか?』という理由をしっかりと持っている工務店さんを選びましょう。

家の断熱工事に関しては、窓を樹脂窓に変えるという方法も効果的です。

家の熱の損失の50%は、窓からの損失と言われるくらい、窓からの熱の損失は大きいのです。

 

まとめ

リフォーム工事は、工事範囲と仕様に比例してコストが高くなります。

ですから、相談前にやりたいリフォーム工事の内容に優先順位をつけておくと良いかと思います。

新築工事は、作ることのみにコストがかかりますが、リフォーム工事は解体工事にもコストがかかります。

ですから、リフォームコストと解体コストの両方に注目してリフォームする範囲を決めてください。

 

以上、『リフォーム工事ってどんなの?』でした。

素敵な家づくりの参考にしてください。

 

 

unナカムラの【気まぐれメルマガ】やっています。

ぜひぜひご登録ください。おまけ付きです。

メルマガ登録はココをクリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です