リフォーム工事ってどんなの?

リフォーム工事ってどんなの?

リフォームと新築の違い

リフォーム工事が、新築工事と大きく違うのは、当たり前ですが、現在すでに形があるかないかです。

すでに形のあるものを新しくする工事のことをリフォームと言います。

新しくすると言っても、全てを壊してやりかえるということではなく、部分的に、特に仕上がり部分を変えることをリフォームと呼んでいます。

最近多いのは、中古の家を購入して、その家をリフォームするという方法です。

昔はスクラップアンドビルドという考え方が主流でしたが、最近は空き家の問題などもあり、リフォームが注目されています。

ものを大切にするという面から見てもとても良い傾向かと思いますし、古いものの価値が再び注目され、元々あった古いデザインのものなどを再利用するということもされています。

 

リフォームのコスト

新築に比べて予算を抑えることが可能になります。

当然のことながら、選ぶ仕様やリフォームの範囲にもよります。

例えば、建物の柱や梁だけを残して、ほとんど解体した場合には、新築と変わらないどころか、新築よりもコストがかかる場合があります。

解体部分が多い場合は、解体のコストも大きくなります。

解体のコストが大きくなるということは、リフォームのコストも大きくなるということになります。

ですから、特に大型リフォームの場合は、リフォーム範囲を予算と相談しながら決めてください。

 

リフォームの内容

リフォーム工事を大きく分けると、外部のリフォームと内部のリフォームになります。

また内部は設備関係のリフォームと仕上げのリフォームに分けられます。

それぞれが範囲に応じてコストが大きくなっていきます。

設備に関しては、仕様に応じてコストがかかります。

定価の高いものを選べば、高くなり、安いものを選べば安くなります。

どの工事も仕様が定価の高いものになれば当然コストは高くなってしまいます。

 

まとめ

リフォーム工事は、工事範囲と仕様に比例してコストが高くなります。

ですから、相談前にやりたいリフォーム工事の内容に優先順位をつけておくと良いかと思います。

新築工事は、作ることのみにコストがかかりますが、リフォーム工事は解体工事にもコストがかかります。

ですから、リフォームコストと解体コストの両方に注目してリフォームする範囲を決めてください。

 

以上、『リフォーム工事ってどんなの?』でした。

素敵な家づくりの参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です