~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

土地 不動産の探し方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

土地を探すときの大前提

土地を探すときの大前提をお伝えします。

大前提として最初にご理解しておいてください。

ここを理解しておかないと、土地 不動産探しを始めることもできません。

始まらないのですから、当然、土地 不動産を得ることはかなり難しくなるでしょう。

 

こんな人は相手にしてもらえない。

エキスパートの不動産さん屋さんに聞いた話では、土地を探してるお客さんで色んな不動産屋さんに話しをもって行ってる人は、なかなか見つからないそうです。

それはなぜかというと、相手の不動産屋さんも真剣に相手にしないから。

色んなところへ相談してる方に対しては、親身になって話を聞いてくれる人はいないと思っておいてください。

不動産屋さんもお仕事として不動産の仲介をしているので、無駄に時間を使うことはしません。

 

土地の値段は分からない

土地の値付けは、とても複雑です。

『この辺だからこれくらい』というような単純な物ではないのです。

土地の値段は不動産屋さんと売主との間で打ち合わせをして決まります。

その値付けは、色んな要素が反映されて、値段が決まります。

そこには売主さんが、これ以下では売りたくないとかというような売主さんの心情なども、とても反映されたものになります。

あとは、土地の条件によって大きく差が出ます。

同じ地域であっても、その土地の状態によって、値段が大きく変わります。

例えば、建物立っていたり、更地だったりというようなことです。

買った人が後々費用が掛かるような土地は安く買えたりしますが、結局は家を建てたりする際にお金がかかってしまうので、結局は安くはならないのです。

割安の土地はない。

割安の土地はまず見つかるとこはありません。

これは断言できる理由があります。

それはなぜかというと、土地を売りたい人は、不動産屋さんに相談に行きます。

そこで割安の話が出た瞬間に、不動産屋さんが即時購入を決めます。

ですから、割安の土地がネット上やレインズに掲載されてくることはまず無いのです。

 

そもそも読んだだけで理解できるような情報はない。

現在はネットでも色んな情報が得ることができますが、その情報だけで、買えるかどうか判断できるような情報は出ていません。

実際の土地へ行って確認しないと分からないです。

 

土地 不動産は簡単には見つからない。

土地 不動産は簡単には見つからないと思ってください。

長ければ年単位になるということも覚悟しておいてください。

理由は後ほど詳しく説明します。

 

土地 不動産を探すとき誰に頼むのか?

皆さんは誰に土地探しを頼みますか?

『誰に頼もう?』

という方がほとんどではないでしょうか?

実は土地探しにおいて、一番大切なのが『誰に頼むのか?』

『誰に頼むのか?』ということは、『誰に相談するのか?』ということです。

まずは相談相手を選びましょう。

 

誰を相談者に選ぶのか?

当然のことですがちゃんと免許を持った不動産屋さんにお願いしましょう。

プロとして判断ができる人を選びましょう。

実は不動産屋さんの中にはとてもいい加減な業者さんがいるのも事実です。

いい加減な業者をパートナーにすると、変な物件をつかまされる可能性もあります。

いい加減な業者さんに引っかからないために不動産屋さんの中でも誰を選ぶのかということについて説明したいと思います。

 

不動産屋さんの免許を持っている

当たり前のことですが、不動産の免許をちゃんと取得してやっている人を選びましょう。

そうでないと、後々のトラブルの元になるかも知れません。

 

紹介してもらう

周りで、不動産を購入した経験がある人に紹介してもらうと言うのも1つの方法です。

 

工務店に手伝ってもらう

すでに家を建てるための工務店さんが決まっているのであれば、工務店さんに土地選びを手伝ってもらうのも良いと思います。

工務店さんは、家を建てるのが本業で、みんないい土地でいい家を建てたいと思っていますし、家を建てる前だって良い土地の条件を知っています。

 

メリット、デメリットの両方をアドバイスしてくれる人。

ネット上の土地情報だけでの判断やアドバイスをくれるのではなく、実際に土地を確認してくれて、メリットやデメリットをアドバイスしてくれる人を選びましょう。

土地の概略のような簡単な情報だけで判断するような人は選ばないようにしましょう。

土地を買う場合に気を付けることや、建物を建てる際に気を付けることなどもアドバイスをもらえるような人をパートナーに選びましょう。

 

ここまでで、いろんな業者に声をかけるのではなく、1つの業者に決めて相談しながら土地を探す方が良いと言うことを理解していただけたかと思います。

 

土地 不動産の探し方

次は物件の探し方について説明します。

ここでは不動産業界の実際のことを知っていただきたいと思います。

見方によっては業界の闇と思われるかもです。

 

土地の探し方について

注文住宅を建てる為の土地探しは自分でやる?手伝ってもらえる?

 

レインズよりもネットの方が早い

不動産協会に加盟すると、レインズという不動産情報の蓄積されたサイトにアクセスすることができるようになります。

昔は不動産屋さか検索できない場所だったので、とても貴重なものでした。ところが、現在はネットがとても充実していて、レインズよりもネット検索の方が情報が早いうえに、情報が多いです。

不動産屋さんは、お金を払ってレインズを使っているのですが、無料のネット上のポータルサイトの方が断然見つけやすくなってしまっているのです。

 

レインズがダメになった理由

レインズがダメになった理由は業界の闇の部分と言ってもいいかもしれませんが、これは仕方ないことだと思います。

売主を見つけた不動産屋さんは、飼い主も見つけることにより、不動産手数料を両方からもらうことを目指します。

不動産業の決まりでは売主から売りたいと言う申し込みを受けたらレインズで登録しなければならないとなっています。

ところが実際には手数料を両方からもらいたいので、レインズに載せる事はせず、ネットのポータルサイトへ載せてしまうのです。

そうすれば売主と買主の両方を自社で見つけれる可能性がとても高くなります。

 

自分でも探す

以前は不動産屋さんに土地の情報の提供を求めた方がいろんな情報が入ってきたのですが、現在は無料のポータルサイトのの方が、情報が早い上に豊富です。

ですから、不動産屋さんへお願いすると同時に自分自身でも検索して探す方が土地が見つかる可能性が早い上に高くなります。

ですから自分でもネットで土地を探しましょう。

 

見つかったら不動産屋さんや工務店に電話する

物件が見つかったら相談者である不動産屋さんか工務店さんに、連絡しましょう。

そしてその土地に何か問題がないか、見てもらいましょう。

土地の中には、建物を建てる際にとても余分な費用がかかったり、思うような家が立てられない条件のある土地があったりします。

そういったことを判断するためにプロに見てもらいアドバイスをもらいましょう。

 

必ずパートナーの不動産屋さんや工務店さんを通して話しをしてもらう。

ここで注意点をひとつ。

ネットでお気に入りの土地を見つけた場合は、必ずパートナーの不動産屋さんや工務店さんに連絡してもらいましょう。

もし直接売主側の不動産屋さんに直接連絡を取った場合には、パートナーの不動産屋さんは仲介に入れなくなってしまいます。

それはパートナーの不動産屋さんに対しても失礼な話しですし、工務店さんにとっても、とてもやりにくい状況を作り出してしまう場合があります。

ですから、ネットで土地を見つけた場合は、自分で直接売り手側の不動産屋さんに電話するのではなく、パートナーを通して電話してもらうか、一緒に話してもらいましょう。

ただ、売り手側の不動産屋さんが、手数料を両方から取りたい為に、こちらの不動産業者が入ると売らないということになる場合も考えられます。

そういった場合もパートナーを通して話してもらうことで、パートナーも納得した上で手を引くことができると思います。

 

土地 不動産の探し方 まとめ

土地 不動産はネットのポータルサイトで自分でも探して、気に入った土地が見つかれば、パートナーの不動産屋さんか工務店さんに連絡して、土地をみてもらいましょう。パートナーの不動産屋さんや工務店さんの意見を聞いてから土地 不動産の購入を判断をしましょう。

そして、パートナーを通して話をしてもらいましょう。

 

土地探しが簡単ではないことを理解しましょう。

実は土地 不動産は簡単には見つからないのが、現実です。

年単位で探すことになるという覚悟も持っておいてください。

その理由について説明します。

 

建築条件付きという悪魔

皆さんも土地を探していて、『建築条件付き』という物件を見たことあるのではないでしょうか?

『建築条件付き』とは、土地の購入の条件にそこの不動産屋さんの指定の住宅を立てることが決まっている土地のことです。

ですから、『建築条件付き』の土地を購入する場合には、そこの不動産屋さんの決めた家を建てないといけません。

そのほとんどは、建売のような選択肢の全然ない家になります。

 

なんで建築条件付きにするの?

不動産屋さんが建築条件付きにする理由は簡単で、少しでも多く儲けたいからです。

その為、少しでも土地の値段を安く見えるように提示して、建物で手数料以上の儲けを得ようとしています。

土地を売りたい人は、不動産屋さんに売却の話を持っていく為、不動産情報を最初に得るのは不動産屋さんです。

ですから、条件の良い土地は不動産屋さんが即購入してしまいます。

そして不動産屋さんがその有意な立場を利用し、少しでも儲けを増やそうと思うのは自然の流れだと言えます。

実際に敷地条件の良い土地の8割は建築条件付きと言われています。

 

建築条件付きの土地も買えるかも。

建築条件を外すことも可能な場合があります。

しかし、外す為に結構なお金がかかることもあります。

それは数百万円になります。

 

建築条件付きで建てる家はどんなの?

建築条件付きで建てる家は、建売になります。

よほどこだわった建売住宅でなければ、建売のモッサイ家に費用が乗せられています。

 

建築条件付きの土地が気に入ったらこう考えるべき

注文住宅を建てる場合も、建築条件付きの家を建てたとしても、いずれにしても数百万円は払うことになる。

それならば、好きな家を建てるべきではないでしょうか?

 

気に入ったら、即申し込みすべき理由

土地はすぐに売れてしまいます。

良い土地は本当にすぐに売れてしまいます。

ですから、予算内であれば、すぐに買うように申し込みしましょう。

 

土地 不動産の探し方 まとめ

土地を探すときの大前提を理解しておきましょう。

変な土地をつかまされない為に、パートナーを作りましょう。

土地 不動産はネットで自分でも探しましょう。

土地 不動産探しは、とても大変なことを理解しましょう。年単位の時間がかかる場合もあります。

建築条件付きでも外せる場合がありますが、提示の金額よりは数百万円程度高くなる場合もあります。

しかし、建築条件付きを外すのにお金がかかったとしても、外せるならば、お金を払っても注文住宅にしたほうが幸福度は高くなるんではないでしょうか?

結局は建売住宅にその数百万円は含まれています。

ですから、建築条件付きが外せて幸福度が高くなると感じたならば、建築条件付きを外す為の金額を払ったとしても、その土地に決めましょう!

 

YouTube 土地探しの心得

興味のある方はご覧ください。

 

 

メルマガ登録をオススメします。

今回の記事のような一般的な情報だけでなく、 メルマガでは、ブログでは書けないような秘匿性の高い情報も公開しています。

公開できない知っておいて頂きたい情報もたくさんありますので、登録して頂けたらと思います。

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です