高断熱住宅

高断熱のいいところ



暮らしやすい

断熱性・気密性を高めているので家の中に温度差ができません。暑さ・寒さを気にせずに、家の中を自由に動き回れます。

空気がきれい

花粉やPM2.5を家の中に入れません。

高断熱で気密性が高いため、第一種換気(熱交換型)を設置することでそれが実現できました。

長生きできます?

家中の温度差が小さいためヒートショックで起きやすいとされる脳梗塞や心臓発作を防ぐことができます。

維持費が安い

高断熱により少ないエネルギーで冷暖房が住みますので電気代の維持費が安くなります。

高い資産価値

「耐震性」「高気密」「高断熱」「換気システム」など高性能な家づくりとなっているため100年以上住むことができる資産価値の高い家です。

冷房病知らず

エアコン弱の運転で家全体へ行き届くので肌に風が直接あたることもなく、熱交換型換気扇により冬は乾燥も防げます。

高断熱への思い



どうして断熱が必要?

funNAKAMURAでは高断熱住宅の普及に努めております。


高断熱住宅は、人にも地球にも優しい住宅です。 熱の損失をとても少なくできるので、冬と夏の暖房費と冷房費を次世代省エネ基準の家と比べ半分程度に抑えることができます。 熱の損失を抑えるということは、エネルギーの損失を抑えることになり、省エネルギーな生活を送ることができます。 また健康面でもとても良い効果があり、家の中での温度差が原因の事故も格段に減らすことができます。 その結果は、本土よりも北海道の方がヒートショックの事故が少ないという結果として証明されています。

他にも副次的な効果として、アトピーや喘息などの疾患も断熱をされていない家と比べると、改善されるという調査結果の発表もされています。


家の高断熱化をすることで、健康で省エネな生活を送ることが出来るようになるのです。

社長ブログ

funの考える良い住宅とは



図かイラストを入れる

大手ハウスメーカーの10年程度で再購入が必要となる付属設備の高性能化と設備導入による耐震性能との違いをやんわり説明する。

断熱プランニング



断熱のプランニングってなんだろう?

プランニングと聞くと、間取りなどのイメージが強いと思いますが、弊社では暖房エネルギーのプランニングもしています。

平面と立面のプランが決まれば、断熱・窓の仕様を決めてQpexで暖房エネルギーと、冷房エネルギーの計算をします。予算に見合った断熱のプランニングもしています。


※Qpex(キューペックス)とは、住宅の外皮性能(熱損失、日射取得熱)を算出し、冷暖房エネルギー消費量を求める事が出来るソフトです。

客様の声




高断熱の家は工事費が少し高くなりますが、長期的コストや毎日の快適さを考慮すると決して高い投資ではありません。

プランデザイン
電磁波対策
家づくりの流れ