注文住宅なら子供の遊び場も自由自在!計画段階ですり合わせが必要。

せっかく家を建てるのならば、雨や雪でも家の中で子供と一緒に遊べる、室内遊具を作っておきたいな。と思う人もいると思います。もし自分が子供だったら家の中にすべり台やのぼり棒があったら最高ですし、友達が遊びに来ても自慢してしまいますよね。しかし、建売の住宅や、マンションなどの集合住宅ではとても実現できません。少しでもあこがれがあるのならば、子供と一緒に楽しく遊べる室内遊具を実現できないか検討してみましょう。実は建売では難しくても、注文住宅であれば実現できる可能性が高いです。

内装仕上げの種類と特徴を解説!機能とデザイン、価格のバランスで選ぼう。

内装仕上げの種類と特徴を解説!機能とデザイン、価格のバランスで選ぼう。 内装仕上げ、家の中は壁のデザインが変わるだけでその印象が大きく変わります。部屋によってデザインを変えることもできるため、注文住宅を建てる際には、さまざまな素材・デザインの中から、家族の好みに合ったものを選ぶ必要があります。また、デザインだけではなく機能性も忘れてはいけません。たかが壁の機能なんて大して変わらないと思う方もいるかもしれませんが、壁の材質を変えるだけで過ごしやすさや空気の清浄度も変わってきます。デザインに価格に機能と検討すべき項目がたくさんあり悩ましい壁選びですが、今回解説するような知識を持っていれば、好みにあった壁を選択することができるはずです。複数ある壁の種類それぞれの特徴を確認し、項目別にオススメのポイントを明確にしていきます。

ランニングコストが安い高断熱住宅に組み合わせる外壁は「そとん壁」がオススメ

住宅の第一印象を左右するのは、やはり外観です。家の形はもちろんですが、外観に対してもっとも大きな影響を与えているのは外壁ではないでしょうか?注文住宅を建てるほどこだわりのある方は、外壁に対してもこだわりが強いものです。デザイン性も重要な要素ではありますが、どのような外壁を選ぶか次第で新築時はよくても後で複数回のメンテナンスが必要となってしまい後悔することもあります。また、機能性が十分ではなく、夏は暑く冬は寒い家になってしまう可能性も考えられます。デザイン性だけでなく、耐久性や機能性も十分に考慮して素材を選ぶことが重要です。

地盤改良・地盤補強の地盤に関する大切なこと

土地を選ぶ際にはその立地だけではなく、地面・地盤がどのような状態であるか?という点もとても重要な要素になっています。しかし、地盤のことなんてよくわからないし、建築会社さんに任せておけばよいでしょ。と思ってしまいませんか。最初はそれでもいいかもしれませんが、少しずつ地面の上に立てる家の設計が進んできた辺りでは、簡単にでも地盤のことを勉強し、少しでも知識を身に付けて置くことをオススメします。今回は、わかりにくい地盤のことを少しでもわかりやすく解説し、何かあった時に後悔しないためには、どのような点に気を配ればよいか確認していきます。

『UB』 ユニットバス のメーカーによる違いのあれこれ TOTO・INAX・パナソニック・タカラ・トクラス

一言でユニットバスといっても、実際には非常に多くのメーカーが参入してきており、各社の特徴はさまざまです。それぞれの特徴を把握するのは大変ですし、導入を検討する際には困ってしまう場合もあります。ユニットバスを選ぶ際の観点と、各社の特徴を解説していきます。

トイレの各メーカーによる違い TOTO・INAX・パナソニックなどなど

新築住宅において、トイレ選びは重要です。一方で、トイレを扱っているメーカーは多く、見た目も似通っているため、あまり差はないように感じます。各社どのような特徴を持っていて、どういう基準で選択すればよいのか迷うのではないでしょうか?トイレは毎日みんなが使う空間で、不満があると大きなストレスに繋がっていきますので、きちんと各社の特徴を理解して、納得して選ぶ必要があります。最終的にはショールームで確認するのがオススメです。まずは事前知識として、それぞれメーカーごとの特徴や長所を解説していきます。

太陽光を載せるならこの組み合わせ。V2Hと電気自動車・蓄電池

太陽光発電による売電の価格が下がってきた今、太陽光発電を採用するかどうか迷っている方も多いかと思います。そんな方に参考になるように太陽光発電と相性の良い設備などについて紹介しています。売電による損得勘定だけでなく、そのほかの設備とのセットで設置すれば、その付加価値もより大きくなります。

太陽光発電は載せるべきか否か。

太陽光発電は載せるべきか否か。太陽光発電のメリット・デメリットについて書いています。太陽光発電の設置を検討中の方は、是非とも参考にしてください。色んな考え方があるかとは思います。投資という考え方から見ても損という考え方にもなり、得という考え方にもなります。大切なことは、『自分はこう考える』という自分の軸を持つことだと思います。そのお助けになればと思います。

天井断熱と屋根断熱、基礎断熱と床断熱

屋根断熱と天井断熱、床断熱と基礎断熱について説明してあります。いろんな断熱方法があります。断熱というと思に壁の断熱の事を気にしますが、屋根断熱や天井断熱、床断熱や基礎断熱もとても大切です。極端に性能を上げる必要はありませんが、それなりのレベルにしておく必要があります。また断熱の方法を考える際には、そのメリットとデメリットを分かった上で選択してください。

地震に強い家の構造は耐震等級3|メリットや注意点を徹底解説

耐震等級3について説明しています。最近起きている地震の被害や調査の報告を見聞きした時、耐震等級3は、これからの木造住宅の耐震設計に欠かせない考え方だと思いました。新築や大型リフォームをお考えの方は是非とも『耐震等級3』がどういうものなのかを知った上で、選択していただけたらと思います。当然費用の増加にはなりますが、命には代えられません。