アフターコロナとウィズコロナとテレワーク・リモートワークと間取りの変化を考える

コロナウイルスの影響で、テレワーク・リモートワークをしている人が多いと思います。

このコロナウイルスの騒ぎが終息した後も、大きく働き方が変わってしまうと思います。

極端なことを言えば、事務所が不要になる業種などもあるかと思います。

今後は家のプランを感がる時に、テレワーク・リモートワークがしやすいような環境を家のプランに採用するべきだと思います。

テレワーク・リモートワークに対応する為に考えるべきことを紹介したいと思います。

 

テレワークとは

テレワークとは、情報通信技術(ICT=Information and Communication and Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない働き方のことを言います。

tell→離れた場所

work→働く

直訳すると、離れた場所で働くという意味になります。

 

リモートワークとは

 

リモートワーク」とは、会社のオフィスには出社せず、自宅やレンタルオフィスなど、会社から離れた(リモート)場所で働く勤務形態のことを言います。

ほぼ同じ意味でテレワークや在宅勤務のことをリモートワークというようになって来ています。

テレワークもリモートワークも同じ意味合いになります。

 

テレワーク・リモートワーク メリット

テレワーク・リモートワークのメリットは、わざわざ会社へ通勤する必要がないということです。

移動という無駄が大きく省けるということだと思います。

会社の側からすれば、事務所が不要になりますし、交通費が大きく削減が可能になります。

移動時間が無くなるということは、当然事故に合う確率も下がります。

 

テレワーク・リモートワーク デメリット

デメリットは、家から出ることがなくなり、しばらくすると飽きると思います

人と会えなくなるので、人と会って話しをしたくなる方が多いと思います。

 

中には、お父さんが一日家にいるということが家族に嫌がられるという話しを聞くことがあります。

今は、あまりおられないかもしれませんが、家にインターネットの環境がないと、インターネットの環境を用意しなければいけないということがあります。

そういう方は、会社が用意してくれるんでしょうか?そこは会社に相談してください。

 

テレワーク・リモートワークのセキュリティに注意(ZOOMはセキュリティ問題あり)

テレワーク・リモートワークが普及して、有名になったのが、Zoomだと思います。

私も利用することが増えたのですが、知り合いの方から聞いたのが、Zoomはセキュリティに問題があるということです。

またニュースでも見たのですが、「FBIが警告」という内容でした。

流石にFBIから注意されると怖いですね。

私が聞いた被害の内容は、facebookでログインした方が、データを抜かれるという内容でした。

それで、知り合いの方から、MicroSoft Teamsをすすめられています。

有料になるかもしれませんが、MicroSoft Teamsをおすすめ致します。    

 

テレワーク・リモートワークに必要な物(パソコン・WEBカメラ・イヤホン・マイク・ノートパソコン)

 

テレワーク・リモートワークで必要な物についてですが、当たり前すが、パソコンです。

パソコンもデスクトップよりはノートパソコンをおすすめします。

理由は、カメラが必要になるからです。

Zoomを使う場合は、当然カメラで自分を映しながら会議をするので、カメラが必要になります。

デスクトップの場合は、WEBカメラを別途用意する必要があります。

WEBカメラもマイクがついた物でないと、別途マイクも用意しないとダメな場合があるので、内容をよく確認して購入してください。

あと、インターネットの環境がない方は、インターネットを申し込みしないといけません。

これから新築を予定の方は、リモートワークのための部屋をプランに入れて頂いて、インターネットは、LANケーブルでパソコンをつなげるようにすることをオススメします。

パソコンをLANケーブルでつなげる方が、通信が安定します。

 

テレワーク・リモートワークの部屋が欲しい

テレワーク・リモートワークをするには、テレワーク・リモートワークの部屋があった方が良いかと思います。

リビングなどの片隅にワークスペースを作る場合には、会議がある場合に話しをしづらいかと思います。

Zoomで会議をして話しをしても周りを気にせず、話せるような環境にしましょう。

 

小さな部屋で良い

テレワーク・リモートワークの部屋の大きさですが、1畳程度の大きさでも良いかと思います。

収納なども必要であれば、幅が1365ミリあれば余程大丈夫ではないかと思います。

あまり大きい部屋も不要ですし、小さすぎたり、オープンすぎても仕事する上で、支障が出ます。

小さくてもよいので、壁と扉で囲まれた空間にしてください。

 

インターネット環境

インターネット環境については、私がZoomを使った時に感じたことがあります。

それは、wifiよりもLANケーブルがつながる方が良いうことでです。

wifiでやっていた時に、相手の方は全然問題なかったのですが、私の方からの通信が乱れるという現象がありました。

そして『電波状況が不安定です。』というメッセージが出てきたのです。

私が使っている環境はそんなにルーターが遠いというわけでもなく、私の他に誰かが、使っているわけでもありませんでした。

ですから、何が原因かはハッキリ分かりませんが、より安定した通信状況を用意する必要があると思いました。

それで、安定した環境の対策ですが、LANケーブルの差し込み口を用意するということになります。

そしてケーブルはカテゴリー6aというケーブルでつなげるようにします。

カテゴリー7やカテゴリー8というケーブルもあるのですが、今の現状では、カテゴリー6aで十分ということです。

この辺りは、日々変わっていっているので、確認しながら決めてください。

もっと良いケーブルが出てきている可能性があります。

     

 

手に届く位置に棚

私がZoomによる打ち合わせを経験して感じた事ですが、手の届く範囲に棚があればよいなと思いました。

私は長机を使ってるのですが、何かを取るのにいちいち移動しています。

ちょっと邪魔くさいなと思いました。

リモートワークをするのであれば、手の届く周辺に棚があれば良いなと思いました。

 

テレワーク・リモートワークまとめ

テレワーク・リモートワークには、メリット・デメリットがあります。ですが、今回のコロナショックを機会に、社会の在り方が大きく変化することが予想されます。

今後もテレワーク・リモートワークは標準化される業界が多く出てくると思いますので、これからの住宅はその変化に対応できるようになることが要求されると思います。

ただ、Zoomにはセキュリティに対する不安があると言われていますので、セキュリティには気を付けましょう。

私の知り合いの方は、有料にはなりますが『MicroSoft Teams』がよいのではないかと聞いています。その辺りは色々と情報を収集してみてください。

リモートワークに対応した家にするには、テレワーク・リモートワークができる部屋を用意することだと思います。

部屋の片隅に簡単なスペースを設けるだけでは、家族が在宅の場合にZoomによる売り合わせなどはやりにくい場面が多々発生する可能性があります。

Zoomなどによる会議が増えることも予想されるので、テレワーク・リモートワーク部屋は個室にして、外の音が聞こえにくく、テレワーク・リモートワーク部屋の声や音が他の部屋へ聞こえにく   いように扉も必要だと思います。

安定したネット環境を用意するために、LANケーブルの差し込み口を用意しましょう。wifiだけでは、電波が不安定になることがあります。

テレワーク・リモートワーク部屋には、手の届く範囲に棚を用意しましょう。

以上、がアフターコロナ、ウィズコロナの時代に考えられる間取りの提案です。

家づくりの参考にしてください。

 

アフターコロナ、ウィズコロナ リモートワークに必要なもの

 

 

 

メルマガ登録をオススメします。

今回の記事のような一般的な情報だけでなく、 メルマガでは、ブログでは書けないような秘匿性の高い情報も公開しています。

公開できない知っておいて頂きたい情報もたくさんありますので、登録して頂けたらと思います。