~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

アメニティエアコンについて調べてみた!

杉浦 成史
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

みなさんはアメニティエアコンをご存知でしょうか?

住宅向けはエアコンメーカーのダイキンからしか発売されていませんが、こだわりを持った住宅に使われることのあるエアコンの一種です。

全館空調を実現したかったり、部屋の中でエアコンの存在感を出したくない人にとっては、選択肢の一つになる可能性があります。

今回の記事では、アメニティエアコンの特徴やメリット、デメリットについて紹介してい来ます。

ここで紹介した情報を元に、他の空調設備と比較していくといいですね。

 

アメニティエアコンとは

アメニティエアコンとは、天井や壁などに埋め込むことが可能なエアコンのことです。

一般的に家庭用のエアコンは壁に取り付けるタイプがほとんどですが、ダイキンが発売しているアメニティエアコンは、壁の中に設置し、外部からはダクトしか見えません。

イメージ的には、大きめのオフィスの天井に設置されているエアコンや、少し古めの宿泊施設(ビジネスホテル)などにある全館空調の吹き出し口のようなイメージです。

全館空調にする場合には、アメニティエアコンを一台設置し、さらにダクトを設置します。

ダイキンのアメニティエアコンの場合には、冷暖房が出てくるグリルの色をアイボリーと白木の中から選択できるので、住宅のインテリアに合ったデザインにできます。

また、住宅自体の断熱性能が低い場合には、エアコン1台の能力では足りなくなってしまう場合があります。

アメニティエアコン1台で家中の冷暖房をまかないたい場合には、住宅の構成に関しても注意が必要です。

 

アメニティエアコンのメリット

アメニティエアコンを導入する目的としては、全館空調を実現できる点と、エアコンの室内機が見えないすっきりとした空間を実現できることです。

特に、こだわりのインテリアを実現したい場合に、採用されることがあります。

開放的なスッキリした空間を実現したい場合、エアコンだけが浮いてしまう場合があります。

最近は従来よりもこだわったデザインのエアコンが発売されていますが、それでもイメージしているインテリアと合わないこともあります。

そんな場合でも、アメニティエアコンであれば壁や天井に埋め込まれているので、イメージ通りにつくりあげた空間に影響を与えることがありません。

もう一つは、全館空調を実現できるという点です。

全館空調を実現する方法としては、他にも床下エアコンや小屋裏エアコン、または階間エアコンなどさまざまな方法があります。

その中の一つがアメニティエアコンを使用した構成です。

他の方法の場合には、メーカーが推奨する使い方とは異なる使い方をする必要があります。

しかし、ダイキンのアメニティエアコンの場合には、メーカーとしてダクトやグリルを用意しているので、メーカーの推奨している使い方の一つとして、全館空調を実現できます。

全館空調を実現する上で、エアコンの保証は課題になるポイントの一つなので、そこがクリアになるのであれば、大きなメリットと言えます。

最終的には使い方を確認する必要がありますので、その点は注意をしましょう。

 

アメニティエアコンのデメリット

機能的にもデザイン的にも魅力的なアメニティエアコンですが、大きなデメリットがあります。

それは通常の壁掛けエアコンや他の全館空調システムに比べても、費用が大きくかかってしまうことです。

まずエアコン本体ですが、通常の壁掛けエアコンであれば多く生産されることによって、価格を低く抑えることができます。

一方でアメニティエアコンは多く売れる製品ではないため、どうしても本体価格が高くなってしまいます。

また、エアコンはある程度の期間使用したら交換する必要がありますが、その際にもアメニティエアコンは通常のエアコンに比べて費用がかかります。

埋め込み状態になっていますし、ダクトの付け外しなども必要になるため、手間がかかる分工賃も高額です。

もし、予算に余裕がありデザインにこだわりたい場合には、アメニティエアコンが有効な選択肢の一つになるはずです。

 

まとめ

アメニティエアコンは、埋め込み式のエアコンでダクトなどを合わせて設置することで、全館空調を実現できます。

壁掛けエアコンのように存在感がないため、理想のインテリアを実現しやすくなります。

一方で、導入コストとメンテナンスコストの両方が高額になってしまう点が、大きなデメリットです。ある程度の予算が確保できる場合には、デザイン性に優れた全館空調システムの一つとして、有効な選択肢になるでしょう。

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です