木造の構造計算と四号建築物の仕様規定について

木造の構造計算と四号建築物の仕様規定について

木造の構造計算方法は?

木造住宅の確認申請時における構造の安全確認方法は3通りあります。

構造安全性レベルの高い順に

構造計算(許容応力度計算など)

この構造計算は、3階建ての住宅は、この計算方法になります。

性能表示計算(耐震等級、耐風等級など)

長期優良住宅や性能評価住宅などがこの計算になります。

仕様規定(壁量計算・四分割法・N値計算など)

ここの規定はすべての木造建築物に適用されます。

構造安全性レベルで言いますと、

安全性レベル 高    構造計算(許容応力度計算)

安全性レベル 中  性能表示計算(耐震等級・耐風等級など)

安全性レベル 低  仕様規定(壁量計算・四分割法・N値計算など)

という順番になります。

木造の構造計算の構造完全性確認3項目

壁量計算等

壁量計算、耐力壁の配置バランス、柱頭柱脚の接合方法、水平構面

部材の検討

横架材、柱の設計、垂木・母屋・棟木等の設計

地盤・基礎検討

地盤調査、地盤補強設計、基礎設計

構造計算は、壁量の検討・部材の検討・地盤・基礎の検討の3項目をそれぞれ確認していきます。

そして、それぞれの計算内容により確かめられる安全性が高いのが、許容応力度計算、次に安全性が高いのが性能表示計算、一番低いのが、仕様規定です。

仕様規定では、部材の検討と地盤・基礎の検討に不安があるようです。

木造の構造計算仕様規定て何?

『仕様規定てなんやねん?』て、思われる方も多いかと思います。

ここで、仕様規定について説明します。

仕様規定とは、特別な計算とかしなくても、この仕様にしておけば良いですよという規定のことです。

建築基準法にて、小規模木造建築物に関しては、建築士が構造を簡易的な方法で確認して、仕様を守って設計すれば、計算書類を提出する必要がなくなります。

これを『四号特例』と呼んでいます。

※小規模木造住宅(木造二階建て・延べ床面積500㎡以下・最高軒高9m以下・最高高さ13m以下)の建物のことを四号建築物と呼んでいます。

そして、その四号建築物に対して適応される特例が四号特例と呼ばれるものです。

木造の構造計算四号特例から生まれた問題

四号特例ですが、そもそもは、手続きの簡略化をすることで、確認申請がスムーズに進めることを目的に採用されたことなのですが、中には『計算書を添付する必要がない=計算をしなくても良い』と勘違いする人がいるようです。

そこは大きな勘違いで、計算はしないといけないけども、確認申請の際にその計算書の添付は不要ということなので、勘違いしている方は、是非とも直して欲しいと思います。

木造の構造計算と四号建築物のまとめ

木造の構造計算には3通りの方法があり、その計算方法により、安全性の確認の度合いがかなり変わります。

通常の木造住宅に関しては、小規模木造建築物がそのほとんどなので、二階建て住宅は、ほぼ四号特例が適用されます。

四号特例の制度はとてもよい制度なのですが、一部の人がその制度の利用の仕方を間違えているという問題があります。

四号特例で確認申請を進められている方は、一度、設計者にその計算内容の確認をすることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする