~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

ローン繰り上げ返済について説明します!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

住宅ローンを借りる際には、ぎりぎりではなくある程度月々の返済額に余裕を持つことが重要です。

 

実際に住み始め、生活していく中で想定よりも余裕ができそうな場合や、出来るだけ早くローンを返すために切り詰めて生活している場合、繰り上げ返済を考える人も多いでしょう。

 

一方で、繰り上げ返済をするためにはどのようにすればいいのかや、繰り上げ返済のメリット・デメリットは分かりにくい点も多いです。今回の記事では繰り上げ返済をテーマに次のような内容を解説します。

 

  • そもそも繰り上げ返済とは?
  • 繰り上げ返済のやり方
  • 繰り上げ返済をしたときのメリットとデメリット
  • 繰り上げ返済をした際のシミュレーション

 

自分たちの状況と照らし合わせながら確認することで、繰り上げ返済を今後行っていくかどうかを決める良い判断材料になるでしょう。

 

繰り上げ返済とは

住宅ローンの繰り上げ返済とは、まとまった余裕資金を使って本来の支払額よりも多く返済することで住宅ローンの残高を減らす事です。

繰り上げ返済は残りの住宅ローンがどうなるかによって分かれる次の2つのタイプがあります。

 

  • 返済額軽減型
  • 返済期間短縮型

 

それぞれ、どのような特徴があるのか確認しましょう。

いずれの繰り上げ返済もそれぞれ異なった特徴があるので、どちらを選択するかは好みになるでしょう。

 

返済額軽減型

返済額軽減型は残りの返済期間は変わらずに、毎月の返済額を減らすことが可能です。返済期間短縮型に比べると利息軽減効果は低いですが、毎月の返済額は小さくなるので、日々の生活に余裕は出ます。

 

返済期間短縮型

返済期間短縮型は、毎月の返済額は繰り上げ返済前と変わりませんが、返済する期間を短縮できます。返済額軽減型に比べると利息軽減効果が大きいので、最終的に返済する額は小さくなります。ただし、毎月の返済額が変わらないため、効果を実感しにくいかもしれません。

 

繰り上げ返済のやり方

繰り上げ返済のやり方は、基本的には住宅ローンの借り入れをしている場所によって異なりますが、多くの場合窓口か住宅ローン借り入れ者専用のサイトなどで手続きをすることになります。

 

住宅ローン引き落とし用の講座に繰り上げ返済に用いる資金を用意し、繰り上げ返済希望日を指定することで返済が可能です。実際に返済が実行される前には、仮申し込みとして繰り上げ返済による効果を確認可能です。

 

申し込みの際には、既に紹介した「返済期間短縮型」「返済額軽減型」のどちらかのタイプを選ぶ必要があるので、あらかじめシミュレーションで確認しておきましょう。

 

本申し込みをして、指定した繰り上げ返済期日を迎えると銀行口座から指定した分が引き落とされ住宅ローンの繰り上げ返済に充てられます。

 

特に難しくありませんが、銀行によっては繰り上げ返済できる回数や金額が制限されている場合もありますので、その点は注意が必要です。

 

繰り上げ返済メリット

繰り上げ返済を実施するもっとも大きなメリットは、総返済総額を繰り上げ返済した分に加えて利息分も含めて減少させることが可能な点です。そのため、繰り上げ返済はできるだけ早いタイミングで、大きな額を返済することで効果を大きくできます。

 

また、選択するタイプにもよりますが、返済額軽減型の場合には月々の返済額が減るため生活にゆとりが生まれます。返済期間短縮型の場合には、場合によっては老後までかかる可能性のある住宅ローン返済を早めに終えることができる点です。

 

資金に余裕があり、ただ貯金をしているだけにしているのであれば住宅ローンの繰り上げ返済をするのは大きなメリットがあります。

 

繰り上げ返済デメリット

一方で、繰り上げ返済をすることによるデメリットとしてはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

一つは繰り上げ返済による返済手数料の存在が挙げられます。特にこまめに繰り上げ返済したいと考えていると、手数料の影響でトータルの費用は増えてしまう可能性があります。最近は多くの団体で繰り上げ手数料無料の住宅ローンも増えていますので、注意しましょう。

 

また、繰り上げ返済をすることで住宅ローン控除の対象から外れてしまう可能性があります。ただし、こちらも元々長期間のローンを組んでいる場合にはそれほど影響はないでしょう。

 

また、繰り上げ返済を重視しすぎるあまり手元の余裕資金を減らしてしまうことは、何らかのトラブルが生じた場合の選択肢が減ります。繰り上げ返済をする際には十分余裕を持った状態でするのがおすすめです。

 

繰り上げ返済手数料

繰り上げ返済の手数料に関して、改めて確認していきます。

 

一般的に、繰り上げ返済の手続きをする方法としてインターネットバンキングや、窓口の専用パソコン、書面での手続きがあります。一部を繰り上げ返済する場合には、例えば三井住友銀行の場合、次のような金額になっています。

 

  • インターネットバンキング:無料
  • 窓口専用パソコン:5,500円
  • 窓口書面:16,500円

 

少なくとも、この分の効果が得られない場合には繰り上げ返済をすることで損をする可能性があるので、注意が必要です。また、具体的な金額は自分が借りている金融機関に確認すると良いでしょう。

 

繰り上げ返済 効果

一部紹介しましたが、繰り上げ返済の効果を最大限に受ける為には、条件があります。

 

  • 繰り上げ返済をする時期は早い方が大きい
  • 住宅ローンの借り入れ金利は高い方が大きい
  • 借り入れ残高が大きい方が大きい

 

繰り上げ返済による効果とは、借入金に対する利息分として支払う金額をどれだけ減らせるかという点です。そのため、早くたくさん返す方が有効です。

 

一方で、仮に住宅ローン以外により金利の高い自動車ローンなどを借りている場合には、先にそちらを返済してしまった方が効果が大きい可能性もありますので、きちんと効果を見極めて対応する必要があります。

 

また、現在はここ数十年の中でもっとも金利が低い状態が継続していますので、過去の金利が高かった時期に比べると繰り上げ返済の効果は目減りしています。そのため、繰り上げ返済の資金を他の用途に用いることでより大きな効果を得られる可能性があります。

 

どこに余裕資金を使っていくのかは、さまざまな選択肢を検討しましょう。

 

繰り上げ返済シュミレーション

繰り上げ返済をする際には事前にシミュレーションをすることで、どの程度の効果があるのか確認するのがおすすめです。実は思ったよりも効果を得られないということも考えられます。

 

繰り上げシミュレーションには次のような情報が必要です。取扱い金融機関の場合には、入力があらかじめ明確になっていて不要な場合もあります。

 

  • 総借り入れ金額
  • ボーナス返済分
  • 当初借り入れ期間
  • 返済済み機関
  • 返済方法
  • 借り入れ金利
  • 繰り上げ金額

 

それぞれ、金融機関から送られてくる住宅ローン残高に関するはがきなどに記載があります。もしくは、住宅ローン契約時の資料から確認すると良いでしょう。

 

シミュレーション結果としては多くの場合、返済期間短縮型と返済額軽減型の両方に関する結果が表示される場合が多いため、次のような観点で確認するのがおすすめです。

 

  • 毎月返済額がいくら減ったか(返済額軽減型)
  • 返済期間がどの程度短くなるか(返済期間短縮型)
  • 減少する利息額

 

シミュレーション結果を見て、繰り上げ返済の効果に関して納得できれば住宅ローンの繰り上げ返済をすると良いでしょう。

 

繰り上げ返済まとめ

今回は住宅ローンの繰り上げ返済について確認しました。繰り上げ返済にも2種類あり、毎月の返済額を減らす方法と返済期間を短縮する方法があります。

 

利息額を減少させるという意味では返済期間短縮型で、繰り上げ返済をする方が効果が高いです。しかし、毎月の返済額を減らす方が日々の生活には余裕が出るので、好みに応じて選択しましょう。

 

また、繰り上げ返済をすることで得られる効果を確認するためには、シミュレーションをするとよいでしょう。どの程度の効果があるから確認してから、繰り上げ返済を決断することで後悔する可能性を減らせます。

 

繰り上げ返済には、余裕資金が無くなるなどデメリットもありますので、事前にシミュレーション結果を元に家族で相談してから、決断するのがおすすめです。

 

 

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です