~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

Q値とは? UA値とは?

    
断熱
\ この記事を共有 /
Q値とは? UA値とは?

Q値とは?

Q値とは、熱損失係数 Q値のことです。
つい最近までは、建物の性能と言うとQ値でした。

熱損失係数 Q値 = 総合熱貫流 ÷ 延べ床面積

建物の内外温度差1℃あたりに建物全体から逃げる熱量を延べ床面積でわったものです。

建物から逃げる熱量とは、
屋根・壁・床・窓の建物躯体の部分から逃げる熱と換気で空気が入れ替わる際に外部へ捨ててしまう熱量の総和です。
下の絵をご参照ください。
ピンク色のは、熱の移動を表します。
屋根・壁・窓・床から熱が出入りしています。
{97A28730-5266-48E5-A4FC-3128D4036E8C}

こちらは、換気の排気による熱の損失を表します。
{9E046CEC-D251-4D91-996A-F408385CB351}

Q値とは、上図二つの熱の損失を足したもののことを表します。

UA値とは?

現在の一次消費エネルギーの換算プログラムに使われる値です。
Q値とUA値の違いはUA値は、外皮(屋根・壁・床・窓)からの総合熱貫流率を外皮(屋根・壁・床・窓)の面積 で割るいうこと と 換気の熱損失が含まれないということです。
上の図でいうところの換気での熱損失は計算に含まれていません。
しかしモーターの消費電力だけは計算に反映されるらしく、第1種換気(熱交換換気:室内の熱を給気側へ移せる換気設備)は、給気と排気の両方にモーターが使われてあるので、消費電力は第3種換気に比べて、第1種換気のほうが消費エネルギーは増える計算になっています。
エネルギーの消費量でいうと、おそらく実際とは反対の結果になっていると言われています。
モーターによる電気の消費量よりも、熱の損失によるエネルギーの消費量の方が大きいからです。
Q値の場合はすべての熱損失を床面積で割ります。
ということは、家全体の熱損失を計算して暖房機器の容量を計算しようと思っても、UA値では計算できないということです。
UA値は、役所の手続きのためだけに必要なもので、実際の生活にはあまり役に立ちません。
本当に高断熱住宅を勉強している人たちは、Q値で計算しています。
暖房機器の選定もQ値からしているのです
その辺りのことも、工事店の選定の基準に入れることをおススメ致します。
 

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です