~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

エアコンの選び方 暖房設備容量の算定法

    
\ この記事を共有 /
エアコンの選び方 暖房設備容量の算定法

■暖房設備容量の算定法

かなり専門的な内容ですが、暖房設備の設備容量の決め方です。

Hmax=√24/T{qa×(ti-to)-E} (W)
T: 暖房時間(h)

qa: 総熱損失係数(W/K)

ti: 暖房設定室温(°C)

to: 暖房設計用外気温(°C)

E: 室内取得熱量(W)

計算方法を知ってるだけではダメなので。

以前、新築させて頂きましたO様邸の計算をしてみたいと思います。
O様邸の数値

T: 暖房時間(h) = 24時間暖房なので24

qa: 総熱損失係数(W/K) = 下の写真Qpex一番上 230W

ti: 暖房設定室温(°C) = 20°C

to: 暖房設計用外気温(°C) = 写真の本の表2-15京都より 0.3°C

E: 室内取得熱量(W) = Qpexより 自然温度差 4.84W
Hmax=√24/24×230×{(20-0.3)-4.84}
=1×230×14.86
=3417.8W
=3.42KW
余裕を考えて倍でみたとして6.84KW
6畳用(2.8kw)だと3台
8畳用×1台 + 10畳用×1台
という感じです。
でも実際には、暑さや寒さの感覚は人によってかなり差があるので、それぞれの部屋に1台ずつ設置できる様にしておく事をオススメします。

Qpexの計算結果

FullSizeRender 3

 

北方型住宅の熱環境計画より

暖房設計用外気温:to(℃)

IMG_5533

 
 

このブログを書いたのは、私です!
私のプロフィールをお読みください!

スギウラ

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です