~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

総合熱貫流率

    
\ この記事を共有 /
総合熱貫流率

総合熱貫流率

総合熱貫流とは、建物全体の断熱性能を示す指標として用いられます。
建物内部の室温が外気よりも1℃高い時に建物全体から外気に逃げる熱量のことです
壁・床・天井の熱貫流率に加えて換気による熱移動も勘案します。
{09B650FA-610C-4D07-9B17-DB99EE9DC37C}

 

{4DA24B61-C30D-4BD4-82AB-4C737B5E1D2D}

 

建物全体の熱の損失量になるので、とても重要な指標です。
Qpexではここから灯油や電気の消費量が計算されます。
現在外皮性能の指標として使われるUa値ですが、換気による熱の損失は含まれていません。
Uaは外皮(天井・壁・床・窓)の性能に関する数値になります。
総合熱貫流は建物全体の熱の損失量になりますので、暖房費用や冷房費用を計算するのに使います。

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です