~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

温度と体積の関係について

杉浦 成史
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

温度と体積の関係について

前回は熱とは、温度とは、何かという説明をしました。
今回は温度による変化についてのお話しです。
温度が変化することにより、色んなことに変化が起きています。
前回で、体積が増えるというお話しをしました。
温度が高くなることで、なぜ体積が増えるのか?
温度が高くなると分子の熱運動が活発になり、1つの分子の占有する範囲が広くなるからです。
分子同士は重なり合うことができず、お互いの分子を押し合うため、体積が増えるのです。
こんな感じ
{1DC53518-0392-4A47-80D3-0E5E26A62E0A}

 

ガラス製の温度計は、この性質を利用して温度を測っています。
(温度計はガラスに示された目盛りを読んで温度(=熱運動の活発さ)を測っているということです。)
前回もお話ししましたが、お家の気密性を高める事は、快適な家を建てる為には大変重要な作業の1つです。
新住協では、高断熱住宅と呼んでいます。
高断熱=高気密が当然なので、わざわざ高気密を謳ってはいません。
 
 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です