~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

新築 木造住宅の建築費用の参考事例

    
\ この記事を共有 /
新築 木造住宅の建築費用の参考事例

お問合せで非常に多い『建築費用』『建物の仕様』についてご紹介したいと思います。

お問合せにて、とても多いのが

『建築費用』

『建物の仕様』

の内容について、聞かれることが多いです。

ただ私はその答えにとても困ってしまいます。

なぜならば、弊社は注文住宅を建てる工務店だからです。

注文住宅は、お客さんによって仕様が全く違うので、簡単には比べられません。

ですから、代表的な物件の価格を紹介させて頂きます。

それぞれ仕様が全然違うので、内容を比べる際には仕様の違いに注意して見比べてください。

建築費用の参考事例 その1  新築 2階建て 34坪程度

地盤改良:65万円

仮設工事:60万円

基礎:130万円

木工事:800万円

屋根:ガルバリューム鋼板 85万円

外壁下地:アミパネル 250万円

外壁:そとん壁 98万円

樋:タニタ ガルバリューム雨樋 40万円:

左官・タイル:50万円

内装:クロス 65万円

給排水屋内:50万円

電気工事:90万円

竣工清掃:7万円

諸経費:150万円

断熱工事:120万円

換気工事:30万円

サッシ:150万円

建材・内装ドア:85万円

設備機器:200万円

造作家具:60万円

照明器具:25万円

外部給排水:60万円

外構工事:170万円

合計:2840万円(税別)

建築費用の参考事例 その2  新築 2階建 32坪程度

地盤改良:65万円

仮設工事:50万円

基礎工事:140万円

木工事:700万円

屋根工事:60万円

樋工事:15万円

外壁:ガルバ 220万円

左官・タイル:60万円

塗装工事:20万円

内装工事:90万円

給排水屋内:50万円

電気工事:90万円

竣工清掃:7万円

諸経費:150万円

断熱工事:120万円

換気工事:30万円

サッシ:250万円

建材・内装ドア:150万円

設備機器:140万円

造作工事:100万円

照明器具:35万円

外部給排水:40万円

外構工事:別途

合計:2582万円(税別)

建築費用の参考事例 その3  新築 3階建 41坪程度

地盤改良:70万円

仮設工事:70万円

基礎工事:170万円

木工事:1000万円

屋根工事:60万円

樋工事:20万円

外壁:サイディング 280万円

左官・タイル:60万円

塗装工事:20万円

内装工事:100万円

給排水屋内:60万円

電気工事:120万円

竣工清掃:10万円

諸経費:200万円

断熱工事:120万円

換気工事:30万円

サッシ:250万円

建材・内装ドア:150万円

設備機器:360万円

造作工事:90万円

照明器具:35万円

外部給排水:50万円

外構工事:別途

合計:3325万円(税別)

予算の調整の仕方・考え方

予算を抑えたいと思った場合の考え方について

予算を大きく削減したい場合には、建物自体を小さくすることになります。

そして建物の規模を小さくしてもまだ絞りたい場合には、項目を削除していき、本当に必要なものだけに絞ります。

最近の傾向として、造作工事や造作家具工事がとても高額になる場合があります。

そういった場合には、その工事が本当に今必要なものなのかどうかをしっかりと考えて頂いて今はいらないなと思ったものは削除しましょう。

次に、仕様の変更をしていきます。

屋根・外壁・樋・タイルのような仕上げ材もそうですが、キッチンやユニットバスなどの設備機器などもよく考えて仕様の変更をしていきましょう。

『本当に自分が大切にしたいものは何か?』をとことん予算と相談しながら、洗い出していく作業になります。

最終的に、予算という現実の縛りと自分たちの実現したい夢との折り合いをつけることです。

まず最初の段階で、しっかりと『夢』と『現実』を把握しておいてくださいね。

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です