薪ストーブのヒミエルストーブを君は知っているか⁉︎

薪ストーブて知ってますか?

薪ストーブは、皆さんご存知でしょうか?

そう!

薪を焚くストーブです!

これが薪ストーブ

薪ストーブは、部屋にあると、とても良い雰囲気になります。

私は大好きです。

本当は家に欲しいくらいです。

ただ、今住んでいる家に置けるかというと、置けないので、とても残念です。

薪ストーブは、インテリア的にもとても素敵ですし、燃えている火をぼーっと見ているのも、とても気持ちが良いです。

木の種類によって火の色が変わったりもします。

とてもリラックスできる効果もあると思います。

薪ストーブのデメリット

しかしながら、実際に薪ストーブを購入した人も2年ほど使うとその後は使わなくなってしまうという話しもよく聞きます。

それは、薪をストックしておくのが、とても大変なのだそうです。

薪をストックするスペースも必要ですが、その薪の量がとてもたくさんいるそうです。

ですから、燃費が悪いとそれはたくさんの薪が必要になります。

また、その薪をストックしておくスペースも広くなるという事です。

薪ストーブを選ぶ際のポイント

薪ストーブを選ぶ際にとても重要視する必要のあるものが、燃費です。

燃費が悪いと、全てが大変になってしまうからです。

薪の数も多く必要になり、ストックするスペースも広く必要になります。

燃費が悪いと、薪をくべる回数もとても多くなってしまいます。

ということは、灰の片付けも回数が増えるということになります。

実は、この薪の燃費問題こそが、薪ストーブから人が離れてしまう原因なのではないかと思います。

薪の燃費が悪いことで全ての手間が増えてしまうのです。

そこで薪問題を大きく改善できる薪ストーブのご紹介です。

薪ストーブの紹介というか、薪ストーブを作る人の紹介です。

薪ストーブを自作する人

私の知り合いで、薪ストーブを自分で作るスゴイ人がいるのです!

その名も『ヒミエルストーブ』

鉄工の関係のお仕事をやっているのですが、薪ストーブを作ってみようという事で、本当に作っちゃったんです。

最近は動画などて、簡単なロケットストーブとかあって、簡単に作れるような感じがしてしまいますが、本物はそうは問屋が卸さない!

ちゃんと燃焼させるには、かなり勉強しないといけないし、試行錯誤を繰り返さないといけないのです。

それを一人でやってしまってる人が

『ヒミエルストーブ』西岡氏

なのである!

ヒミエルストーブの凄いところは、料理も出来ちゃいます。

薪を入れるスペースともう一つ、オーブンになるスペースがあります。

そこがオーブンとして使えちゃうのです。

デザインもイイですし、燃費もイイ、料理もできちゃう。

ぜひぜひ一度ヒミエルストーブさんのブログを見てください。

ヒミエルストーブ

そして、薪ストーブを購入される予定の方は、是非ともヒミエルストーブをその候補の一つに加えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする