暮らしを作る工務店

funナカムラのデザインブログ

フランス漆喰のOtonaJoshiWallって素敵ですよ!

Avatar photo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
インテリアが大好きです! 服も好き! イラスト描くのも大好きです!

フランス漆喰のOtonaJoshiWallってご存知でしょうか?

フランス漆喰のOtonaJoshiWallってご存知でしょうか?

フランス漆喰のOtonaJoshiWallとは、『最高にハッピーな間取り』の著者『タブチ キヨシ氏』がプロデュースして、大橋塗料で販売しているフランス漆喰です。

基本的には漆喰なので、本来は白色ですが、OtonaJoshiWallは色を選択することが可能です。

何と! 21色あります。

気になる方は、一度大橋塗料さんのホームページをご覧ください。

こちら→ 大橋塗料さんホームページ

フランス漆喰のOtonajoshiWallの仕上がり

OtonaJoshiWallの仕上がりですが、ぱっと見はモルタルみたいな仕上がりになります。

ムラの様な柄が入ることで、とても良い雰囲気の仕上がりになります。

表面は金鏝押さえという仕上げ方になっています。

金鏝押さえという仕上げ方は、OtonaJoshiWallがある程度乾いた状態になった時に、金鏝(カナゴテ)といって、仕上げ用の金属製の左官コテで押さえながら仕上げていきます。

漆喰やモルタルの様な左官材料は、金鏝押さえをすることで、表面がツルツルになり、見た目も、触った感じもとてもスベスベで、気持ちよくなります。

その上、OtonaJoshiWallは、ムラのような柄がついて、それがまた、とても素敵な仕上げりになります。

OtonaJoshiWallどんなところに使うの?

OtonaJoshiWallは、部屋の全体に施工するのも問題はありません。

でも、ちょっとそんな感じでは、使っていません。

どちらかというと、そのお部屋のワンポイントに使用したりしています。

金額も面積が増えれば増えるほど、高額になってしまいます。

ですから、本当にワンポイントで使ったり、多くても壁の1面だけというような使い方をしています。

今まで使ったお宅では、

対面キッチンのキッチンの腰壁

LDKの壁1面

寝室の壁1面

リビングの壁1面

というような感じです。

今は、どこのお宅も基本的にはクロスが多いと思います。

それだと、どうしても普通な感じの仕上がりになってしまうので、どこか1面だけをOtonaJoshiWallを使ってみてはいかがでしょうか?

より毎日が楽しく過ごせると思います。

このブログが、皆さんのより良い生活の参考になればと思います。

水掛かり部分でなければ、モールテックスよりもお値打ちです。

最近、インスタグラムなどでも、よく見るのがモールテックス。

とっても素敵な仕上げです。

ただ、工事費がとても高価です。

私も聞いてビックリ! 驚きました・・・。

実はフランス漆喰のOtonajoshiWallは、モールテックスと同じような仕上がりになります。

下の写真はモールテックスです。

フランス漆喰のOtonajoshiWallはこんなの。

コンクリート調の仕上げの壁がフランス漆喰のOtonaJoshiWallです。

詳細をじーっと見比べれば、素材の違いもあるので、違いますが、おおかた同じ部類の仕上げないなると思います。

モールテックスは、施工に何日もかかりますが、フランス漆喰のOtonaJoshiWallの場合には下地処理と仕上げの工程で、二日あれば、確実に終わります。

作業日数が少ないという事は、費用が安くなります。

ですから、水がかからない壁でモールテックスで仕上げたい方は、フランス漆喰のOtonaJoshiWallもご検討頂けたらと思います。

漆喰の施工事例のページがありますので、
是非見て頂けたらと思います!

施工事例は下のボタンをクリック!

tomomi

漆喰に関するお問い合わせは、下のボタンをクリック!

tomomi

この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
インテリアが大好きです! 服も好き! イラスト描くのも大好きです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© funナカムラのデザインブログ , 2022 All Rights Reserved.