Apex legendsについて調べてみた!そしてプロジェクターでやってみた!

FPSやバトルロイヤルゲームが好きな人は、2019年に配信を開始したApex legends(以下apex)を知っている人が多いのではないでしょうか?しかし、普段それほどゲームをやらない人や、ゲームはやるけれどもFPSやバトルロイヤルゲームはあまりやらない人は知らないかもしれません。

 

現在はWindows、PS4、xbox oneで遊べるapexですが、その人気によりsteam版やNintendo スイッチ版の配信が予定されています。

 

今回は人気を集めているゲームであるapexに関して、ゲームの特徴や登場キャラクター、また攻略のポイントなどを解説します。もしこの記事を読んで興味を持つ人がいれば、基本プレイは無料なので、気軽に試してみると良いのではないでしょうか?

 

apex legendsとは

 

Apex Legendsはアメリカのゲーム会社であるエレクトロニック・アーツが2019年2月に配信を開始したバトルロイヤル・FPSで、基本プレイ無料で楽しむことが可能です。さまざまなプラットフォームで遊ぶことができ、Windows、Play Station4、XboxOne、2021年にはNintendo スイッチ、今後発売予定のPlayStation5でも遊べます。

 

強力なアビリティを操る伝説の戦士たちが富と名声を懸けて戦います。レジェンズはキャラクターのことで、個性豊かなレジェンドが数多く登場するため戦術性が高いゲームです。好みのキャラクターを見つけてチームを組み、特徴を活かして勝利を掴める点が魅力です。

 

1チーム3人の「スクワッド」と1チーム2人の「デュオ」で、合計60人でのオンライン対戦が可能です。ゲームシステムとしては、徐々に狭くなっていくフィールドを探索して武器や補給品などのアイテムを回収し、敵チームを倒し、最後まで生き残った1チームが勝利となります。

 

ランダムなマッチングが本作の魅力の1つですが、知り合いとも一緒にプレイ可能なのはうれしいですね。基本プレイは無料ですが、実際のお金やゲーム内で得られる通貨を元に、キャラクターや武器の装飾品を入手することが可能です。

 

 

apexキャラ

apexには魅力的なキャラクター(レジェンド)が数多く登場します。現在10名以上のキャラクターが登場しており、その人数は今後増えていくことが予想されます。11/5には新キャラクターであり、重力を操る能力を持ったホライゾンの追加は発表されています。

 

ここでは、今までにFPSやapexのようなゲームををやったことがなくても使いやすいキャラクターを紹介します。

 

ライフライン

戦う衛生兵としてのスキルを持っており、ノックダウンされた仲間を守りながら素早く復活させられます。また、回復アイテムの使用が速いサポートタイプです。撃ち合いが苦手な場合でも仲間の回復などサポートをしながら参戦できます。

 

サポートをしながら味方の立ち回りを観察し、どのように動けばよいのかを身につけていきましょう。

 

ジブラルタル

照準器を使って狙いをつけると自動でシールドが展開し被弾を防いでくれるガンシールドや、攻撃を15秒間ブロック可能なドームシールドを投下できるアビリティを持っています。撃ち合いをしながらも防御をしやすいのうりょくなので、撃ち合いに自信がない場合におすすめのレジェンドです。

 

戦う場合にはもちろんですが、逃げる場合にもドームシールドを展開することで、生存確率を大きく高められます。

 

オクタン

自らの体力を消費して移動速度を30%上昇させたり、空中を移動したりなど、特徴的なアビリティをもったレジェンドです。体力の自動回復能力も持っているため、体力を消費して移動速度を上げることで、敵の攻撃を避けながらうまく攻撃を当て、消費した分の体力を自動回復するという戦い方も可能です。

 

敵の攻撃をうまく避けられない場合には、自分で消費したり敵から攻撃されたりで体力を減らすことになるため、避けつつ攻撃を命中させられるかどうかが重要な要素です。

 

他にも、中級者向け・上級者向けのレジェンドが用意されておりそれぞれ個性的な特徴を持っています。まずはいろいろなレジェンドを使ってみて、見た目が好きだったり操作しやすかったりといった、お気に入りのレジェンドを見つけると良いでしょう。

 

apex ランクリーグ

apexにはランクモード・ランクリーグという機能が搭載されています。ランクリーグはある期間を限定して開催されますが、その期間の成績に応じて、ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイアモンド・Apexプレデターといった6つのランクにプレイヤーを振り分けます。Apexプレデター以外はさらに4つに分割されており、合計で21のグループに分割される点が特徴です。

 

これらはランクポイントによって振り分けられます。ランクポイントはプレイ中の活躍に応じて獲得でき、相手のキルやトップ10入り、勝利などさまざまな条件で得られます。ただし、1回のマッチで獲得できる最高スコアは17ランクポイントです。

 

マッチにおける活躍で増えていくランクポイントですが、各ランクにおけるマッチに参加する際には、所属のランクに応じたポイントが消費されます。獲得ポイントよりもマッチ参加時に消費されるポイントの方が少なければ、ランクが下がっていってしまう仕組みです。

 

これらのシステムの導入は、ある程度同等の能力を持つプレイヤー同士のマッチングが成立しますし、時間をかけてスキルを身につけたプレイヤーへの見返りという意味も含んでいます。

 

apexのレジェンドたちは、このランクリーグを勝ち抜いて行く際に効果的かどうかでランク付けされています。一例を解説します。

 

Sランク:ランクリーグで価値を目指すときに有力な選択肢になるレジェンド

レイス、レヴナント、クリプト、ブラッドハウンド

 

Aランク:必須ではありませんが、ランクリーグでも活躍しやすいレジェンド

ワットソン、パスファインダー、ジブラルタル、コースティック、ランパート、ライフライン

 

Bランク:ランクリーグで見かける機会が少ないレジェンド

ローバ、バンガロール、オクタン、ミラージュ

 

このようなランク分けはさまざまな考え方でされていますので、今回紹介した分け方がすべてではありません。また、実際にはレジェンド単体の強さよりもチームとして編成されたときのチームバランスがとても重要です。

 

apex クロスプレイ

apexは基本的に同一のプラットフォームで参加しているプレイヤー同士で対戦します。しかし、現在ベータ版として異なるプラットフォームで参加しているプレイヤー同士で対戦が可能なクロスプレイのベータ版を遊ぶことは可能です。

 

2020年の秋以降にクロスプレイが正式に解禁になる予定なので、そうすると一緒に遊べるプレイヤーが増えたり、異なるプラットフォームにいた強敵と戦うことも可能です。残念ながらスイッチ版は2021年になるので、参加もそれ以降になります。

 

apex legends pc

冒頭に紹介したように、本作はPCでも遊べます。Originストアからソフトをダウンロードする必要があります。PCでゲームをするためには、各ゲームごとに必要最低限のスペックが設定されており、その設定を満たしていないとスムーズに遊べません。

 

本作の場合には、以下よりも新しい物・性能が良い物が必要です。

OS:windows 7 64ビット

CPU:Intel Core i3-6300 3.8GHz/AMD FX-43504.2GHz

RAM:6GB

GPU:NVIDIA GeForce GT 640/Radeon HD 7730

GPU RAM:1GB

ストレージ:22GB以上の空き容量

 

また、最低水準から推奨環境から推奨環境への変化点のみを示します。

CPU:Intel Core i5 3570Tおよび同等品

RAM:8GB

GPU:NVIDIA GeForce GTX 970/Radeon R9 290

GPU RAM:8GB

 

これらの性能を満足したPCを用意する必要があります。他のゲーム機を購入するよりも大きな費用が必要になりそうです。

apex スイッチ

元々ニンテンドースイッチ版は2020年の秋を目途にリリース予定とされていましたが、品質確保のために2021年にリリース予定が延期されています。楽しみにしていた人にとっては残念かもしれませんが、無理に急いでリリースして楽しめない不具合などがあるよりも、しっかり作りこんでもらった方が安心できますね。

 

apex legends wiki ・攻略

どうしてもうまく操作できなかったり、どのレジェンドを使って、どんな武器を優先すればよいのか分からない場合は、他のゲームと同様で攻略サイトやwikiが用意されています。交流掲示板などもあるので、一緒にプレイするメンバーを下がることも出来るでしょう。

 

有益な情報が集まっている一方で、ネタばれ的な要素も含みますので、利用する際には注意が必要です。もちろん、まったく使用せずに自分自身で得意なレジェンドや操作方法を確立していくのも面白いと思います。

 

apex legends まとめ

多数のプラットフォームで遊ぶことができるApex Legendsは世界中で人気を集めています。今後steamや任天堂スイッチ版のリリースや、異なるプラットフォーム間でも一緒に遊べるクロスプレイなど、さらにユーザーが増えていくでしょう。

 

また、新しいレジェンドやマップの追加なども予定されているので、やりこんでいく楽しさも十分にあるゲームです。これが基本プレイ無料で楽しめるのですから、とても魅力的な作品です。

 

いつから遊び始めても楽しめそうな作品なので、気になる方は一度試してみてはどうでしょうか?

最新情報をチェックしよう!