~家について大切なこと、あれこれを紹介しています~

日射遮蔽と自然換気 涼しくする工夫

杉浦 成史
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

高断熱住宅を涼しくする工夫

断熱による涼しい家、涼しさのデザインについて

高断熱住宅を開放的なデザインで作ることは容易なことではありますが、開放的なだけでは日中の熱風が家に吹き込むだけで、室内と外とは同じ温度になってしまいます。

風を感じることで数℃下がるが、いつも風が吹いているわけでもなく、やはり夏は暑いです。

涼しい風を送り込む工夫や、夜から朝方の涼しさを日中も保つ工夫をすることで、クーラーのいらない、あるいはクーラーの使用を最小限にした生活が実現できます。

夏を涼しく過ごす工夫は、前回で少しお話ししました昼間の日射遮蔽と夜の自然換気です。

 

日射遮蔽

日射遮蔽とは、日射を遮ることです。

日射を遮るもの家の外部でしないとあまり意味がありません。

日射遮蔽の方法には、色々な方法がありますが、その中でも庇を出すことがとても有効です。

また庇の長さを調整することにより、冬は日射を取り入れ、夏は日射を遮蔽することができます。

庇がない場合に一番簡単なのは、スダレです。

他にはシェードと言って外部にテント状のシートを張るタイプのものもあります。

また窓の外側に外付けブラインドという方法もあります。

 

日射遮蔽にとても大切なこと

大切なことは、建物外部にて日射を遮蔽するということです。

日射はその光が物に当たった場所で光が熱エネルギーに変わってしまいます。

室内側で日射を遮蔽しても室内側で光エネルギーが熱エネルギーに変わってしまいます。

建物内へ熱が入ってしまいますので、意味が無いとまではいい言いませんが、日射遮蔽としての効果はかなり薄くなってしまいます。

 

自然換気について

自然換気は、温まった空気が軽くなり上に上がる性質を利用しする換気方法です。

建物のできるだけ低い位置へ空気の流入口を設けて、建物のできるだけ高い位置へ排気口を設置することにより、空気の温度差を利用して換気を促します。

高断熱住宅に伝統的な工法を取り入れることで、省エネで快適な生活を送ることができるのです。

いずれにしても、外部の気温に左右されない室内環境を作ることができる高断熱住宅で取り組む工夫が基本になります。

 

メルマガ登録をオススメします。

今回の記事のような一般的な情報だけでなく、 メルマガでは、ブログでは書けないような秘匿性の高い情報も公開しています。

ブログなどでは公開できないけど知っておいて頂きたい情報もたくさんありますので、登録して頂けたらと思います。

 

1級建築士が作った!

注文住宅で失敗しない為のチェックシート!

 

これから注文住宅を建てようと思っているあなた!

何をどうして良いのか分からず、途方にくれていませんか?

そんなあなたの頭の中を整理するのに最適なものをプレゼント!

メルマガ登録をしてくれた方に無料でプレゼントしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
杉浦 成史
建築が大好きです。 なにかモノを作るのも好きで、子供の頃はガンダムのプラモデルをよく作ってました。 今も現場仕事が好きです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です