健康で省エネなお家を建てる為に その240

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第240回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
基礎断熱による床下利用暖房
▪️外断熱の工法

基礎の断熱は、内側か外側かは一長一短です。

外側の方が熱橋が少なく熱損失を小さくできることが多いです。

断熱材はできるだけ地中深くまで施工する方がよいが通常はベース上端までです。

本州では地中部分が少し浅くなるので、床面の外周部に断熱材を敷き込んで補強する。

気密性を確保するために土台下端に気密部材を挟んで土台を敷く。

基礎断熱とはこんな感じです。


最近は断熱材にホウ酸を練りこんだ断熱材があり、その断熱材を型枠代わりとしてコンクリートを打ち、そのまま基礎断熱とする工法も出来上がっています。

ではまた報告させていただきます!

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

新しくなりました! 増補版!

私もこれから読みます!

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-nakamura.jp/

イベント情報

次回のイベントは明日です!
2月18日 土曜日
ママキッズまるごとマルシェin長岡京
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-nakamura.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする