健康で省エネなお家を建てる為に その122 ナカムラ 新築 リフォーム リノベーション

社長でございます。
私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第122回は、μ値計算

μ値とは、夏期日射取得係数といって、夏期における建物の性能を評価する指標です。

μ値が小さいほど、日射が入りづらく、冷房効率が高くなります。

次世代省エネルギー基準には、基準値が設定されており、日射取得係数の上限が地域ごとに定められていました。

IV地域で、0.07という数値でした。

改正省エネルギー基準では、ηA値という数値になっていて、少し変わっています。
μ値は、窓ガラスを遮熱LOW-Eにしたり、窓上に庇を設けたり、窓の外部へスダレや外付けブラインドを設置することで、改善されます。

しかし、南面の窓に関しては、冬期の日射取得熱を大きくする為に、LOW-Eガラスは使用しません。
なんでもイイから遮熱LOW-Eガラスを使用するというわけではなく、適材適所に配置をすることが大切です。
私達はQpexを使うことで、色んな数値を確認しながら、設計することができます。

img_4256-1.jpg

ではまた報告させていただきます!

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

イベント情報

次回のイベントは
9月12日月曜日
LITTLE
MONDAY
MARKET!
10時〜15時

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする